特別講師一覧

チャンスをクリエイトすることこそアメリカンドリーム。 西野精治氏

スタンフォード大学
スタンフォード大学(英語: Stanford University)とは、アメリカ合衆国カリフォルニア州スタンフォードに本部を置く私立大学。校訓は「Die Luft der Freiheit weht(独:自由の風が吹く)」。サンフランシスコから約60 km南東に位置し、地理上も、歴史的にもシリコンバレーの中心に位置している。
英タイムズ紙の2018年世界大学ランキング(Times Higher Education World University Rankings)ではオックスフォード大学、ケンブリッジ大学につぐ、カリフォルニア工科大学(Caltech)と同率の世界第3位(5位以下にマサチューセッツ工科大学(MIT)、ハーバード大学)に位置する。
ただし、合格率が4.7%(2017年現在)と、アメリカで最も入学が難しい大学となっている。
スポーツの分野においても、スタンフォード大学の各チームは全国的強豪として知られ、これまでの全米大学選手権での優勝数は全米大学チーム中最多の497回に上る。この内、NCAA (全米大学体育協会) 優勝数は全米大学チーム中最多の116回である。(2018年3月時点)

世界大学ランキング2018
・QS世界大学ランキング1位
・TIMES世界大学ランキング(総合):世界第3位

著名な卒業生
ジェリー・ヤン:Yahoo!共同創始者
セルゲイ・ブリン:Google共同創始者
ラリー・ペイジ:Google共同創始者
フィリップ・ナイト:ナイキ創始者、現CEO社長、会長
スティーブン・A・バルマー:マイクロソフトCEO
ジェームス・ウールセイ:元CIA長官
アレハンドロ・トレド:元ペルー共和国大統領
鳩山由紀夫:日本国第93代内閣総理大臣
デレク・ボック:元ハーバード大学総長
デビッド・パッカード:ヒューレット・パッカード共同創始者
スコット・マクネリ:サン・マイクロシステムズ共同創始者
クレッグ・バレット:インテル元会長
レン・ボサック:シスコシステムズ共同創始者
2017年、睡眠に関する本がベストセラーとなりました。それがスタンフォード大学で32年にわたり睡眠障害の研究に携わってきた西野教授の初の日本語による著書『スタンフォード式最高の睡眠』です。西野先生は当初3カ月の予定で大阪からアメリカに留学しました。しかし、成果を出して帰りたいとの一心で調査研究に情熱を傾け、今もスタンフォード大学で「睡眠の謎を解き明かし、社会に還元する」使命を胸に取り組みを続けています。北カリフォルニアの緑豊かで爽やかな風が吹き抜けるスタンフォード大学のキャンパスで、西野先生にお話を伺いました。
世界の睡眠研究のメッカ、スタンフォード大学に数カ月の予定で留学 32年後の今、同学精神科教授と研究所所長を務める。

開志専門職大学

西野先生のスタンフォード大学でのお仕事について教えてください。

西野精治

私はスタンフォード大学医学部の精神科で働いています。精神科ですから脳の機能について研究するんですね。

西野精治

精神科でもいろいろなアプローチがありますが、私は神経科学の手法で脳の活動について研究しています。つまり精神に異常を来たしたときにどのような物質的な変化が脳内で起こっているかを調べるのです。

開志専門職大学

脳の働きの中でもどのような分野を専門にしているのでしょうか?

西野精治

睡眠がどのように調節され、どう脳や体に影響あたえるかについて研究しています。いわゆる睡眠障害です。スタンフォード睡眠・生体リズム研究所を運営しています。

開志専門職大学

睡眠障害は昔からあるものなのですか?

西野精治

睡眠障害は非常に頻度が高く、やっかいな病気です。私の専門はナルコレプシー(突然眠りに落ちてしまう病気)で、140年前のフランスの文献にすでに記載があります。

西野精治

日本の睡眠障害はさらに昔にさかのぼります。『病草紙(やまいのそうし)』という平安時代の絵巻には、「不眠症の女」や、眠ってばかりいる「嗜眠癖(しみんへき)の男」といった人物が登場するんですよ。平安時代ですから今から1000年以上前の話です。

開志専門職大学

先生がスタンフォードで睡眠障害の研究に携わるようになったきっかけとは?

西野精治

1982年に大阪医大を卒業しまして、その後、研究を経て大学院の3年生の時に学長の早石修先生が担当されていた日本政府の睡眠プロジェクトで、スタンフォードに留学して来ました。32年前のことです。

開志専門職大学

睡眠研究と言えば、スタンフォードだったのですか?

西野精治

スタンフォードは睡眠医学にかけては当時から進んでいました。私の師匠であるウィリアム・C・デメント教授ら優秀な人材が集められて、1963年には世界初の睡眠研究機関、スタンフォード睡眠研究所が設立されています。

開志専門職大学

なるほど、西野先生が留学した当時からスタンフォード大学医学部は睡眠研究のメッカだったのですね。

西野精治

しかも、その研究所で眠り病、つまり家族性のナルコレプシーの犬を飼って、その遺伝子を調べていました。私もそれに関わるためにやって来たというわけです。犬がかかっている眠り病の原因を突き止めることが目的でした。

渡米すぐに事故で実験犬が死亡し、大問題に発展 帰国するか残留かの岐路で「結果を出すまで帰れない」と決断。

開志専門職大学

32年間、ずっとスタンフォードにいらっしゃるんですか?

西野精治

実は最初予定していた留学期間は3カ月から6カ月程度でした。ところが言葉の問題やカルチャー(文化)の問題で、研究自体、なかなか簡単には進みませんでした。

開志専門職大学

最初にぶつかった大きな壁は?

西野精治

壁はもう山ほどありました。一番大変だったのは実験で事故が起こって、貴重な犬が死んでしまったんです。しかも、その犬を私の実験に使うための許可を、動物の倫理委員会から取ってないことが分かって、大問題に発展しました。

開志専門職大学

大問題に! その時に日本に帰国しようとは思わなかったんですか?

西野精治

帰った方がいい、と言われました。でも僕の中ではこのまま帰ったら「失敗」しか残らない、簡単に諦めるわけにはいかないと思ったんです。それで頑張って耐えて、スタンフォードに残りました。

西野精治

それで半年が1年、1年が2年とどんどん延びてしまいました。結局、32年にまでなってしまいました(笑)。

西野精治

その根底にあったのは、ここで結果を残したいという気持ちでした。そして、ついに(睡眠障害の)犬の遺伝子を1999年にチームで発見することができました。

開志専門職大学

チームには何人くらいの方が携わったのですか?

西野精治

10年以上かかりましたから、その間に出入りがありましたし、全部で30人から40人だったと思います。

西野精治

犬は、ドーベルマンとラブラドールを全部で50匹くらい飼いました。飼育費もかかりましたし、成果を出さなければというプレッシャーとの闘いでした。

開志専門職大学

まず犬で睡眠障害の原因遺伝子を発見して、次に?

西野精治

2000年、ヒトでのナルコレプシーの原因についても発見しました。さらに私たちの仕事には、ナルコレプシーの予防、また発症した場合の進行を抑えるための研究も含まれます。

「豊かな生活は質の良い睡眠から生まれる」 そのことを訴えた本は30万部のベストセラーに。

開志専門職大学

そして、スタンフォード大学医学部は、以前にも増して睡眠研究の中心的な存在となったわけですね。睡眠研究を続ける上で大変なことは何ですか?

西野精治

難しいのが、睡眠障害というのは身近な問題ですが、それほど重篤な疾患だと見なされていなかったのです 。だから、研究分野として注目を浴びにくいという問題があります。

開志専門職大学

しかし、実は重要な分野である、と。

西野精治

そうです。良質な睡眠をとらないと、自律神経に影響を与える可能性がありますし、免疫力にも関係します。それによって最終的には感染症、生活習慣病、肥満や高血圧、ひいてはガンにつながる可能性もあるのです。

開志専門職大学

眠れないと太ってしまう! では良質な睡眠とは?

西野精治

眠りにはレム睡眠とノンレム睡眠があります。

開志専門職大学

聞いたことがあります。

西野精治

レム睡眠、脳は起きているけれど体が眠っている睡眠。ノンレム睡眠は、脳も体も眠っている状態です。皆、これを繰り返しながら眠り続けます。特に寝付いた後に訪れるのが90分のノンレム睡眠で、寝ている間で最も深い眠りです。

西野精治

つまり、この最初の90分間をいかにしっかり眠るかで、翌日のパフォーマンスが大きく左右されます。

開志専門職大学

寝付いてから90分を深くしっかり寝ることが大事なんですね。時間ではなく質が大切だということは意外でした。

西野精治

そのように良い睡眠をとらないと、健康面でのリスクが高まります。

開志専門職大学

西野先生の睡眠研究は日本でも『スタンフォード式最高の睡眠(サンマーク出版)』として、本になりましたね。30万部を超すベストセラー(2019年5月現在)になったとか。

西野精治

2017年に出しました。

開志専門職大学

この本には「なぜ良い睡眠が重要なのか」「良い睡眠を確保するにはどうしたらいいのか」が書かれてあって、とても実用的です。本を出すことになった経緯は?

西野精治

出版社から連絡があって、睡眠に関する本を出したいと言われました。出版社の人が、スタンフォードに睡眠の研究をしている、私のような人間がいると知り、興味を持ったようです。

西野精治

実はこれ、私が日本語で初めて書いた本なんです。それまでは英語の教科書ばっかり書いてました(笑)。出版社の要望としては「できるだけ話題性があってキャッチーで平易な文章で書いてほしい」というものでした。

西野精治

まあ、完成までにいろいろアーギュメント(議論)はありましたけど、最終的にはプロである出版社の方に任せて、こういう形で出来上がりました。

開志専門職大学

30万部売れて、西野先生自身も手応えを感じていらっしゃるのでは?

西野精治

日本の場合、睡眠に関して割といい加減な情報が広まっているという実態があります。研究者が書かれた優れた本もあるのですが、残念なことに読みにくい。ですから、出版社の言うことを聞いて、分かりやすくまとめたことが良かったのでしょうね。

西野精治

論文を書いても30万人に読んでもらうことは至難の技です。そういう意味では睡眠衛生を広めたことになるでしょうね。国民の生活を、睡眠を通じて豊かにすることはまだまだできる、まだやれることはあります。

睡眠障害の謎はまだ多く「ほとんど何もわかっていない」 未知の部分を解明しなければ、という信念のような思い。

開志専門職大学

研究所も運営し、日本で本も出した西野先生ですが、これからの目標は?

西野精治

睡眠障害というのは非常にフラジャイル(繊細)なんです。寝ている部屋が暑いと寝られないということはあるでしょう? 心配事があっても眠れない。体が痛くても眠れない。だから睡眠障害の患者さんが多く、多種多様の睡眠障害があります。

西野精治

ただ睡眠障害だと一口に言っても、その原因は複雑で、解明されていないことがまだまだたくさんあります。分野としてもまだ歴史が浅く、「ほとんど何も分かってない」と言っても過言ではありません。少しでも未知の部分を解明していかなければなりません。

開志専門職大学

ご自身が良い睡眠を取って、健康な生活を続けないといけませんね。

西野精治

ええ、私たちがやっている究極の目標は、人間が健康で長く生きることですからね。その意義は多くの人や企業に共感していただけるはずです。

開志専門職大学

話を学生時代に戻します。なぜ、医者を目指したのですか?

西野精治

振り返ると、実は真剣に考えたことがなかったです(笑)。でも、脳には興味がありましたね。ブラックボックス、つまり、システムとして分かっていないことが多い点に引かれました。

西野精治

しかも、脳は人間にとって一番大事な部位ですよね。脳が大事か、心臓が大事か、という問題がありますが、脳が死んでしまったらもう何もできませんからね。脳の移植だってできないでしょう? そんなことをしたら人間が変わってしまいます。少し難しい言葉で言えば、一元論で唯物論的な立場です。

開志専門職大学

なるほど。さて、どんな高校生でしたか?もちろん勉強は得意だったんですよね?

西野精治

理系でしたけど授業熱心ではなかったので、数学が全然できなくなりました。中学では数学が得意だったのですが。高校卒業後に1年間、予備校に通いながら浪人して、必死で勉強したんですよ。

開志専門職大学

どんな大学生でしたか?

西野精治

医学部の6年間、ずっと部活に熱中していました。バスケットボールです。キャプテンもやりましたしね。普通、途中で止めるんですけど、僕は6年生まで現役でした(笑)。

開志専門職大学

スタンフォードでの研究といい、バスケットボールといい、粘り強いですね(笑)。英語は得意でしたか?

西野精治

いえいえ、大学時代、真面目にやっていなかったので、大学の英語のクラスでも外国人の先生に「君は今のままだと将来、英語で苦労するよ」と言われたほどできませんでした。

開志専門職大学

医者は欧米に留学するのが一般的だから、その英語力では留学したときに苦労するというわけですね。

西野精治

でもいざこちらに来てしまえば、取り組むタスク(課題)があったので、とにかく(英語も)やるしかないと、ここまできました。英語も、表面的な会話ではなく、英語で自分の言いたいことを主張できることが大事です。

若い人に伝えたいメッセージは 好きなことに集中して取り組むこと、さらに専門性を身に付けること。

開志専門職大学

32年間、スタンフォードで睡眠研究に取り組み続けるための原動力となったものは?

西野精治

やはり、エビデンス(証拠)を見付け出したいというのが、モチベーション(動機)になりましたね。世界でまだ誰もやっていない発見に挑戦しているということで、実験自体も面白かったです。

開志専門職大学

その結果、スタンフォードに腰を落ち着けて教授にまでなられたわけですから、素晴らしい業績ですね。

西野精治

でも、残ると決めてからの方が大変でした。それまでは日本からのお客さんとしての扱いだったんです。ところが、スタンフォードの中で研究を続けるとなったら、競争社会の中に身を置いているとひしひしと実感するようになりました。

開志専門職大学

アメリカで挑戦を続けることの醍醐味とは?

西野精治

やはりアメリカは個人主義の国ですからね。自由だけれど、自分で責任を取らないといけません。自由にやりたい、そして責任も取れるという人には非常にいい場所だと思います。

西野精治

例えば、日本の大学の教授選って、その席が空いたら選挙ということになりますね。でもアメリカでは別にそういうことは関係なくて、その席を自分で作り出せばいいのです。

西野精治

この研究は大事で、それに関したポジションができればこのようなことが可能になると大学側に訴えて、チャンスをクリエイトするんです。それこそアメリカンドリームではないでしょうか。

開志専門職大学

スタンフォード大学の良さについて紹介してください。東のハーバード、西のスタンフォードとアメリカを代表する2大学というイメージです。

西野精治

ハーバード大学ができたのは1600年代、私たちのスタンフォード大学は1890年台の開学です。しょせん、スタンフォードはハーバードの歴史とは比べられません(笑)。しかし、スタンフォードのモットーにあるように「自由の風が吹く」という学風を私は気に入っています。ここはまさに自由な環境です。

開志専門職大学

開志専門職大学での講義では、どのようなことをお話ししていただけますか?

西野精治

聞いていてためになることを話したいです。睡眠に関する話だけではなく、興味を持っていただける内容についてお話しします。

開志専門職大学

最後に高校生にメッセージをお願いします。

西野精治

好きなことに取り組んでほしい、ということです。専門を身に付けるということは非常に大事です。とにかく集中してください。

西野精治

私も知識をつけるために、若い頃は集中的に医学文献を読みました。年に1000くらい。1日に3つずつです。だんだん読み方のコツというもの分かってきます。そうすると吸収するのも早くなります。良い論文も良くない論文も一読で分かるようになります。

西野精治

若い人には自分が何を好きなのか見付けてほしい、そしてそれに徹底的に集中して向かっていってほしいと願っています。

特別講師 西野精治氏
スタンフォード大学医学部精神科教授
スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所所長

1955年大阪府出身。1987年、大阪医科大学大学院からスタンフォード大学医学部精神科睡眠研究所に留学。1999年、チームの主たるメンバーとして、イヌの家族性ナルコレプシーの原因遺伝子を発見。2000年にはチームと共にヒトのナルコレプシーの主な発生メカニズムを突き止めた。2005年、スタンフォード大学睡眠・生体リズム研究所の所長に就任。

インタビュー:福田恵子
撮影・動画:安部陽二

タップして進む タップして進む

一流トップランナーから
直接学べる特別講義。

特別講師紹介

あなたに伝えたいメッセージ

Google Inc. 大石岳志氏

Google Inc.とは

世界シェア1位の検索エンジンGoogleをはじめ、Gmail、You Tube、Google翻訳などを提供するIT企業。

学生へのメッセージ

違う価値観の人の話を聞くことが何かのきっかけになる。そして自分を認め、諦めないことの大切さを伝えたい。

アマゾンジャパン合同会社 吉田光希氏

アマゾンジャパンとは

地球上で最も豊富な品揃えのオンラインショッピング会社。

学生へのメッセージ

世界を代表するICT企業アマゾンになぜ採用されたのか、また今後ICTの分野に求められる技術や人材要件を伝えたい。

全日本空輸 久野嘉一氏

全日本空輸とは

国際、国内ともに最大規模の航空会社。スカイトラックスの航空会社格付けで5つ星獲得。世界で最も安全な航空会社に選出。

学生へのメッセージ

技術者、調整役、管理職として、世界的な企業をつなぐ経験から技術者を目指す学生へメッセージを伝えたい。

ロサンゼルス・ドジャース 佐藤弥生氏

ロサンゼルス・ドジャースとは

19世紀から存在するメジャーリーグの古豪球団。1990年代には野茂英雄投手が活躍し、日本人選手のパイオニアとなった。

学生へのメッセージ

企業の価値を、世界の多様な人種の人たちにどう伝えるか、マーケティンの面白さを伝えたい。

富士通フロンテック 増田義彦氏

富士通フロンテックとは

携帯電話、パソコン、ネットワーク機器など情報システム全般を扱う電機メーカー。国内パソコン市場シェア2位。

学生へのメッセージ

豊富な国際経験をもとに、世界で働く事の醍醐味を伝えたい。今後変化し続ける社会で求められる人材の要件を伝えたい。

東宝 町田瑠衣氏

東宝とは

映画配給会社。世界でも黒澤明作品やゴジラがヒット、スタジオジブリの映画や劇場版ポケットモンスターの配給も手がける。

学生へのメッセージ

日本が世界に誇るソフトを、世界にどう売り込み、どうお金に換えるか、その挑戦を伝えたい。

ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス 島田竜幸氏

ソニー・ピクチャーズ・イメージワークスとは

映画の視覚技術としてVFXを提供するソニー傘下の製作会社。「ハリー・ポッター」や「マトリックス」のVFXも担当した。

学生へのメッセージ

。大切なことは目指すものや目標が明確であること、夢を諦めないこと、そのための行動を起こすことであることを伝えたい。

三井エージェンシー・インターナショナル 三井悠加氏

三井エージェンシー・インターナショナルとは

斬新なアイディアで日本伝統の浮世絵を題材に現代アーティストを起用するというプロジェクトを行う。

学生へのメッセージ

アメリカで会社を設立した経験から培った起業家精神と自由な発想の大切さを伝えたい。

三菱総合研究プラチナ社会センター 松田智生氏

三菱総合研究プラチナ社会センターとは

政策、科学技術、経済・金融、ITの分野を専門に研究し、社会改革や企業改革に活かす日本の代表的な総合シンクタンク。

学生へのメッセージ

超高齢化社会は、世界の先進国にとっても同じ課題。これからニーズが生まれるか、未来を考えるヒントを伝えたい。