特別講師一覧

大ヒットアニメ 君の名は。をハリウッドに。 町田瑠衣氏

日本国内で大ヒットを記録した後、世界各地で話題となり、ついにはハリウッド作品として実写リメイクが進んでいるアニメ映画『君の名は。』。ハリウッドに同作を橋渡しする仕事に携わったのが東宝のロサンゼルス事務所に勤める町田瑠衣さんです。小学生時代にアメリカのカリフォルニア、そして高校時代にはスイスに留学していた帰国子女の町田さんは、海外で暮らしたからこそ、日本のコンテンツの素晴らしさに気づき、それをさらに世界に広めたいという気持ちを持ったと話してくれました。
大ヒットアニメ『君の名は。』をハリウッドでリメイク 日本のコンテンツを世界市場に届ける仕事

開志専門職大学

町田さんは東宝という映画会社の社員としてロサンゼルスに赴任していらっしゃいますが、お仕事の内容についてお聞かせください。

町田瑠衣

私の今までの仕事は、大きく2つに分けられます。

町田瑠衣

日本で作られた映画や、TVアニメシリーズ作品をそのまま海外の市場に届けるとことが一つ。

町田瑠衣

もう一つは、日本のコンテンツ、つまり、映画、漫画、ゲーム、小説など様々なもの―を海外に紹介し、一緒に映像化するプロジェクト(海外との共同製作)です。

開志専門職大学

それは東宝の方から売り込むのですか?それとも作品の権利を買いたい会社から声がかかるのでしょうか?

町田瑠衣

両方のケースがあります。でも、先方から声がかかった場合の方が実現する可能性は高いですね。

町田瑠衣

共同製作案件で言うと、今も実際に『ゴジラ』や『君の名は。』のハリウッド実写化プロジェクトが進行中です。

開志専門職大学

『君の名は。』のリメイクは具体的にどのような流れで決まったのですか?

町田瑠衣

おかげさまで公開直後から好評で、多くの人に受け入れていただき、世界各地で歴史的な大ヒットを記録しました。

町田瑠衣

そのニュースをハリウッドのスタジオの方々が耳にして、当社に連絡をいただきました。

開志専門職大学

ハリウッド実写化作品としても大ヒットが期待できそうですね。

町田瑠衣

プロデュースはJ・J・エイブラムズ(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・ウォーズ/エピソード9(仮)』の監督)で、

町田瑠衣

脚本はアカデミー賞にもノミネートされたエリック・ハイセラーというチームが担当しているので、良作になること間違いなしだと思います!

町田瑠衣

このインタビューが出る頃にはもっと詳しい情報が解禁されているはずです。

開志専門職大学

町田さんはその撮影現場に顔を出したりもするのですか?

町田瑠衣

私の仕事は、撮影より前の段階でビジネス条件を交渉をしたり、脚本に入った際には、オリジナルとの違いを日本側に伝えたり、

町田瑠衣

東宝側の意見を分かりやすくハリウッド側に伝えたりと、東宝とハリウッドのスタジオの橋渡しのような役目を務めることです。

開志専門職大学

お仕事のやりがいや、また難しい部分について教えてください。

町田瑠衣

この仕事が素晴らしいのは、人の感情に訴え、人の心を揺さぶる商品を作っているということです。

町田瑠衣

生活に必要というわけではないけれど、人の心を豊かにします。いいえ、もしかしたらエンターテインメントは人の生活に必要なものなのかもしれません。

町田瑠衣

自然災害や景気がよくないときには、人々はエンタメを求めるという説もあります。

町田瑠衣

この仕事の難しさは、企画を提案する時や作品を販売する時に、提案する相手に対して何かを「感じて」もらい、それを多くの人々に「伝えたい」と思ってもらう必要があるという点です。

町田瑠衣

物語を上手に伝えることは難しく、私もうまくいかないことは多々あります。でも、その部分がうまくいけば、ビジネス面の交渉は比較的スムーズです。

町田瑠衣

つまり、「つかみ」が大事なのです。

開志専門職大学

人の心を揺さぶったり、また、企画を通す相手に何かを感じてもらうために、町田さんが日頃から努力されていることは?

町田瑠衣

私が売り込む作品は、その相手の映画会社やさらには多くのお客様に届けられるものです。

町田瑠衣

ですから、お客様が何を求めているのか、世の中の人は何を見たいと思っているのか、に対してアンテナを張ることが求められます。

町田瑠衣

特にアニメはトレンドが変わる周期が速いので、業界のニュースはもちろん、SNSは日常的にチェックしますね。

町田瑠衣

アマゾンの売れ筋ランキングを調べたり、買い物に行けば店舗のディスプレイを見るようにしています。

開志専門職大学

なるほど、アンテナを常に張り巡らせていて、世界の人がどんな作品を求めているかを把握しているのですね。

8歳の時、教育熱心な母の決断で カリフォルニアのシュタイナー式の学校に留学

開志専門職大学

それでは、現在、アメリカにいる町田さんが、この国で日本コンテンツの人気を実感するのはどのような時でしょう。

町田瑠衣

まず、ネットフリックスを始めとする動画の配信サービスに、日本のアニメが数多く取り上げられていることを目の当たりにすると、それだけ需要があるのだと感じます。

町田瑠衣

また、世界各地で開催されるエンタメのコンベンションにはコスプレイヤーが大勢いて、ドラゴンボールやナルトといった有名なキャラクターだけではなく、私が知らないキャラクターに扮した方もいます。

町田瑠衣

そういう姿を見ると、日本コンテンツのファン層の幅広いことに驚かされますね。

開志専門職大学

町田さん自身は映画やアニメのファンなのですか?

町田瑠衣

それが実はそうではなかったんです。子どもの頃に親の教育方針でテレビや漫画を見ることを禁止されていたので。

町田瑠衣

会社には映画やアニメが好きで東宝の仕事に就いた人が多いので、時々、話についていけないこともあります(笑)。

開志専門職大学

そうですか。町田さんはどのような環境で育ったのですか?

町田瑠衣

幼い頃は、山口県の米軍基地の近くに住んでいました。そのため、クリスマスやハロウィーン、バーベキューパーティーなどの米軍基地のイベントを通じて、アメリカ人と触れ合う機会に恵まれていました。

町田瑠衣

さらにアメリカに興味があった母が、私が8歳の頃、姉と弟と私という子ども3人を連れてアメリカに渡ったんです。

開志専門職大学

家族で?

町田瑠衣

父は日本に残っていました。

開志専門職大学

渡米の目的は何だったんですか?

町田瑠衣

私たちをカリフォルニア州サクラメントにあるシュタイナー教育の学校に入れることだと聞いています。

町田瑠衣

小学校から大学までシュタイナー教育を実践する教育機関がサクラメントにあるんです。

開志専門職大学

お子さんの教育のために?教育熱心なお母様ですね。

町田瑠衣

はい、母自身もカレッジに通っていましたね。勉強が好きなんだと思います。

開志専門職大学

シュタイナー教育とはどのようなメソッドなのですか?

町田瑠衣

当時はそう思わなかったけれど、今考えると非常に独特な方式だと思います。

町田瑠衣

教科書が一切なくて、理論を学ぶのではなく、まず感覚を大事にするということを学びました。3年間、その学校で学び、日本に戻りました。

開志専門職大学

シュタイナー教育から影響を受けましたか?

町田瑠衣

おそらく。私はまず「考える」のではなく「動く」タイプなのですが、それはシュタイナー教育の影響かな、とは思いますね。

町田瑠衣

仕事でも、動いて、ある程度「いける!」と確信が持てたら、数字などの説得材料を揃えます。仕事の上では、自分が「やりたい」だけではなく、上司や周囲を説得することが必要ですから。

町田瑠衣

まず、自分の感覚を大切に、後から理論を整える(笑)。もちろん、全員が納得するまで周りの人と意見交換をします。大きなプロジェクトは、一人では絶対に実行できませんから。

高校時代のスイス留学で 「日本のことをもっと知る」必要性を実感

開志専門職大学

その後も海外で生活する機会はありましたか?

町田瑠衣

はい、高校の1年間、スイスの公立校に留学しました。母の後押しもあって。

開志専門職大学

やはり教育熱心なお母様。

町田瑠衣

そうですね。スイスではホームステイ先や現地校での生活を通じてドイツ語を学びました。そして、その時に、自分がいかに日本のことを知らないかを思い知らされました。

開志専門職大学

周囲のスイス人には日本人の代表のように見られているのに、日本を知らない、と実感したんですね。

町田瑠衣

そうなんです。留学当初は、大学もヨーロッパで進学しようかなとも考えていましたが、その考えが変わって、日本に戻ろうと思いました。日本のことをもっと知るために。

開志専門職大学

町田さんは小学生の時に3年間、高校でも1年間、海外で過ごしたわけですから帰国子女ですね。

町田瑠衣

かけがえのない経験をもらったと親にはとても感謝しています。

町田瑠衣

でも一方で、無い物ねだりというか、ずっと日本で育った人は、私が絶対に手に入れられない財産を持っているので、羨ましいと思うことがあります。

町田瑠衣

山口で育って、アメリカに滞在して、その後、茨城県に引っ越して、さらにスイスといろんな土地を転々としたので、子どもの頃からずっと一緒に育った幼なじみや、「故郷」と言えるものがないんです。

町田瑠衣

そういう友人や「地元」は、お金では買えないし、簡単に作れるものではないですから。

開志専門職大学

話をさらに昔に戻しましょう。どんな子どもでしたか?将来の夢は何だったのでしょう。

町田瑠衣

好奇心旺盛でフレンドリーでした。赤ちゃんの時から、誰に抱かれてもニコニコ笑ってなつくので、両親は誘拐されやすいと心配したそうです(笑)。将来の夢は、中学生くらいまで舞台役者でした。

開志専門職大学

舞台?

町田瑠衣

はい、先ほどお話ししたように、親の教育方針で子どもの頃からテレビ、漫画、ゲームから縁遠かったので、エンターテインメントを、自分で演じることで楽しんでいたのかもしれません。

町田瑠衣

カラオケに行けない代わりに舞台で歌って発散して、漫画やゲームの代わりに役を演じてファンタジーを味わっていたんでしょうね(笑)。

町田瑠衣

「夢を追う」ことについては、両親はとても協力的でした。劇団を探してくれたり、公演の衣装を縫ってくれたり。

町田瑠衣

もしかすると、「漫画家になりたいから漫画を読ませて!」と言えば許可が出たのかもしれません。そういう意味では、私の説得力が足りなかったんですね。

開志専門職大学

大学は東京外国語大学ですね。

町田瑠衣

高校の時にスイス留学してドイツ語を習得したので、それをそのまま維持したいという気持ちがありました。

町田瑠衣

あと、独り暮らしをしたくて。東京の大学に行けば独り暮らしをさせてもらえる、と言われたので、受験勉強には一生懸命取り組みました。お風呂で教科書を読んだりして、1日16時間、勉強していました。

開志専門職大学

どのような大学生活でしたか?

町田瑠衣

やっと親から自由になったという解放感で、なんでもやりたいことをやろうと挑戦しました。

町田瑠衣

家庭教師、通訳や翻訳のバイト、ジャズバンドとダンスのサークルに入って、さらにモデルもやっていました。

開志専門職大学

大活躍ですね。

町田瑠衣

あちらこちらによく旅行もしました。印象的だったのはスペインのバルセロナです。

日本人が誇るべきは想像力と創造力 思いやりがあるからより良いモノが作れる

開志専門職大学

大学生活をエンジョイした後に就職活動で東宝へ。なぜ映画会社を選んだのでしょう。

町田瑠衣

映画やアニメにかかわらず、日本のモノや文化を世界に広めたいと思ったのが、入社の動機です。

開志専門職大学

帰国子女ならではですね。日本や日本人の良さを海外に出て実感されたのでしょうか。

町田瑠衣

はい、日本人の素晴らしさ、それは想像力と創造力だと思います。

町田瑠衣

日本のモノは、例えばポテトチップの袋の開けやすさにも象徴されます。アメリカの袋にはギザギザが付いていても開けづらい時があります。

町田瑠衣

それから日本のトイレの便座の温かさ。使う人への優しさが感じられますよね。

町田瑠衣

想像力があるから相手のことを思いやることができ、より良いモノを作ろうという気持ちが生まれる。それが創造力の強化にも繋がっていると思います。

開志専門職大学

なるほど。ところで、東宝のロサンゼルス支店での仕事の話を、もう少し聞かせてください。

開志専門職大学

外国人を相手に、交渉をスムーズに進める秘訣は何でしょうか。

町田瑠衣

まず「私は日本人だ。だから英語は母国語ではないし、文化も違う」ということを最初にはっきりさせることです。

町田瑠衣

相手の「当たり前」は自分の「当たり前」ではないわけです。それをわかってもらった上で交渉に当たります。

町田瑠衣

そうすると、相手もゆっくり話してくれたり、基本の「キ」から説明してくれたりします。

開志専門職大学

背伸びをしないんですね。

町田瑠衣

交渉だけでなく、仲間と一緒に仕事をする時も同じです。

町田瑠衣

苦手なことってありますよね。それを隠して「なんでもできる」ように見せるのではなく、苦手な部分は他の人に助けてもらうこともチームワークで物事に取り組む上ではとても大切なことだと思います。

開志専門職大学

駐在員としてアメリカに来た当初、どのような壁にぶつかりましたか?

町田瑠衣

壁は仕事面ではなく、他のことでぶつかったんです。

開志専門職大学

どんなことでしょう?

町田瑠衣

友達作りが大変でした。仕事でやりとりする人とは仕事という目的があって会っているわけじゃないですか。

町田瑠衣

でもいざ、プライベートで普通に遊べる人とはどうやって巡り合ったらいいんだろう、と。友達ってどうやって作るんだっけ?と立ち止まってしまいました(笑)。

開志専門職大学

友達はできましたか?

町田瑠衣

はい、こちらに来て3年ですが、まず大学の夜間のクラスを受講してアメリカ人と接する機会を作りました。受講したコースは「映画の基本ビジネス」です。

町田瑠衣

後、プレゼンテーションをするスキルを身につけるサークルだとか、とにかく自分から積極的に動き回りました。

開志専門職大学

やはり、まず「行動」なんですね。

町田瑠衣

そうですね(笑)。

「やらなければならない」ではなく 「やりたい」という気持ちに素直に従うこと

開志専門職大学

町田さんが高校生にアドバイスするとしたら、「まず行動」ですか?

町田瑠衣

やりたいことをとことん追求して欲しいと思いますね。Must(やらなければならない)ではなく、want(やりたい)という気持ちに素直に従って欲しいです。

町田瑠衣

社会に出て大人になると、mustが増えます。だからこそ、好きなことをやるために、その自分がやりたいことが何なのかを、時間がある大学4年間で見つけるといいと思います。

町田瑠衣

Wantが分からない人は、人に勧められるがままに、まず動いてみる。それを繰り返すと、「あ、意外とこれ好きかも」「やっぱり自分には合ってない」というのが分かるはず。

町田瑠衣

それから「10年後の自分はこうなりたい」という理想のロールモデルを探すことをお勧めします。

町田瑠衣

私自身、自分の10年後の理想像を探すようにしています。今、31歳なんですけど、22歳の時には「10年後,、32歳になったら、バリバリ働いていたい」と夢を描いていました。

開志専門職大学

今の町田さんは描いた夢の通りにバリバリ働いていますね。離れている親御さんも喜ばれているのでは?

町田瑠衣

それに関して、自分の経験から皆さんにお伝えしたいのが、家族や友達といった身近な人を大切にしてほしい、ということです。

町田瑠衣

社会人になると仕事が忙しくなって、親や友人を、言葉は悪いけれど邪険にすることもあるかもしれません。でも、自分のことを大切に思ってくれる存在を後回しにしてはいけないって、ある時、気づいたんです。

町田瑠衣

今はアメリカと日本で離れていますが、年に2回は帰国して親に顔を見せるようにしているし、自分が仕事で実績を上げたら、それをきちんと話すようにしています。

町田瑠衣

自分の仕事を自慢すると親はとっても喜びます。だから、皆さんも、仕事でも趣味でも、がんばっていることを是非、親に自慢してほしいと思いますね。

開志専門職大学

自分の感覚ややりたいことに従ってまず行動、そして周囲の人を大切にすること。

開志専門職大学

町田さんのお話を伺って勇気と優しさをいただいた気持ちになりました。是非、特別講師として学生に、その勇気と優しさのメッセージを届けてください。

特別講師 町田瑠衣氏

1987年茨城県生まれ。親の仕事で山口県と茨城県で育つ間、8歳から11歳までは母親の決断で母、姉、弟と共にカリフォルニア州サクラメントに在住し、シュタイナー教育の学校に通う。高校時代には1年間スイスに留学。東京外国語大学に進学し、在学中はモデルを経験。卒業後に東宝に入社、現在は東宝のコンテンツを海外市場に売り込む仕事に携わっている。ウエストロサンゼルス在住。

インタビュー:福田恵子
撮影:鈴木香織
動画:ジーン渋谷

タップして進む タップして進む

一流トップランナーから
直接学べる特別講義。

特別講師紹介

あなたに伝えたいメッセージ

Google Inc. 大石岳志氏

Google Inc.とは

世界シェア1位の検索エンジンGoogleをはじめ、Gmail、You Tube、Google翻訳などを提供するIT企業。

学生へのメッセージ

違う価値観の人の話を聞くことが何かのきっかけになる。そして自分を認め、諦めないことの大切さを伝えたい。

アマゾンジャパン合同会社 吉田光希氏

アマゾンジャパンとは

地球上で最も豊富な品揃えのオンラインショッピング会社。

学生へのメッセージ

世界を代表するICT企業アマゾンになぜ採用されたのか、また今後ICTの分野に求められる技術や人材要件を伝えたい。

全日本空輸 久野嘉一氏

全日本空輸とは

国際、国内ともに最大規模の航空会社。スカイトラックスの航空会社格付けで5つ星獲得。世界で最も安全な航空会社に選出。

学生へのメッセージ

技術者、調整役、管理職として、世界的な企業をつなぐ経験から技術者を目指す学生へメッセージを伝えたい。

ロサンゼルス・ドジャース 佐藤弥生氏

ロサンゼルス・ドジャースとは

19世紀から存在するメジャーリーグの古豪球団。1990年代には野茂英雄投手が活躍し、日本人選手のパイオニアとなった。

学生へのメッセージ

企業の価値を、世界の多様な人種の人たちにどう伝えるか、マーケティンの面白さを伝えたい。

富士通フロンテック 増田義彦氏

富士通フロンテックとは

携帯電話、パソコン、ネットワーク機器など情報システム全般を扱う電機メーカー。国内パソコン市場シェア2位。

学生へのメッセージ

豊富な国際経験をもとに、世界で働く事の醍醐味を伝えたい。今後変化し続ける社会で求められる人材の要件を伝えたい。

ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス 島田竜幸氏

ソニー・ピクチャーズ・イメージワークスとは

映画の視覚技術としてVFXを提供するソニー傘下の製作会社。「ハリー・ポッター」や「マトリックス」のVFXも担当した。

学生へのメッセージ

。大切なことは目指すものや目標が明確であること、夢を諦めないこと、そのための行動を起こすことであることを伝えたい。

三井エージェンシー・インターナショナル 三井悠加氏

三井エージェンシー・インターナショナルとは

斬新なアイディアで日本伝統の浮世絵を題材に現代アーティストを起用するというプロジェクトを行う。

学生へのメッセージ

アメリカで会社を設立した経験から培った起業家精神と自由な発想の大切さを伝えたい。

三菱総合研究プラチナ社会センター 松田智生氏

三菱総合研究プラチナ社会センターとは

政策、科学技術、経済・金融、ITの分野を専門に研究し、社会改革や企業改革に活かす日本の代表的な総合シンクタンク。

学生へのメッセージ

超高齢化社会は、世界の先進国にとっても同じ課題。これからニーズが生まれるか、未来を考えるヒントを伝えたい。

LINE 上土達哉氏

LINEとは

「LINE」を機軸として、各種サービス、Fintech事業、AI事業を展開。

学生へのメッセージ

やがて社会に出ていく学生の皆さんへ、社会や自分を知ることの大切さ、積極的にチャレンジすることの重要性を伝えたい。